インタビューInterview

2018年度スタッフインタビュー

  • フジテレビ 「めざましテレビ」 (2018年入社 アシスタントディレクター)
  • フジテレビ 「とくダネ!」 (2018年入社 アシスタントディレクター)
  • TBS 「Nスタ」 (2018年入社 アシスタントディレクター)

フジテレビ 「めざましテレビ」 (2018年入社 アシスタントディレクター)

フジテレビ 「めざましテレビ」

アシスタントディレクター(2018年入社)

フジテレビの情報番組「めざましテレビ」のスポーツ班でアシスタントディレクターをしています。
主な仕事内容は映像素材の検索や使用許諾の申請、ロケ準備やOA用原稿のチェックなど多岐にわたります。
AD業務は、その名の通りアシスタント業務が主になります。とらえ方次第では、どこか単調な作業に感じられてしまうかもしれません。しかし「その仕事で自分に何が求められているのか」「そのために何をすべきか」を考えることは、将来の自分への糧となり、番組にとっても自分にとってもより有意義な仕事へ変わります。
社員がいろんな番組に分かれ働く中で、ラダックは縦・横のつながりが強く、個別のキャリアアップ相談や、仲間とのランチ会など、公私にわたって悩みを相談できる窓口もしっかりしていて、すごく働きやすい環境です。ぜひ一緒に働きましょう!

フジテレビ 「とくダネ!」 (2018年入社 アシスタントディレクター)

フジテレビ 「とくダネ!」

アシスタントディレクター(2018年入社)

「とくダネ!」の曜日班ADとしてディレクターのサポートをしながら、円滑に生放送を行えるための様々な業務をこなしています。さらに、日々、視聴者の方々がどんなことに興味を持っているのかを考えながら生活し、ADも毎週ネタ案を提出しています。
まだまだ力不足ではありますが、チーフADから頼りにされるようなADになることを目指して精進しています。
生放送では放送直前は追い込むため、自分のミスが想像もできないくらい多くの人の目に届いてしまうこともあります。だからどんな時も緊張感を持って仕事に臨むことが大切だと思っています。
同じ番組のディレクターでも考え方が全然違うし、そういった先輩から様々なことを吸収しながら、自分だったらどういう風に番組を作るかを常に考えながら、少しずつ成長していけるように頑張ります。

TBS 「Nスタ」 (2018年入社 アシスタントディレクター)

TBS 「Nスタ」

アシスタントディレクター(2018年入社)

報道番組Nスタの特集班に所属しています。
カメラ一台持って街を歩く外国人にインタビューしたり、リニューアルする水族館を取材するためスーツケースに機材を詰めて地方へ向かったり、忙しくも毎日まったく違った日々を過ごしています。昨日や一昨日と同じことがあるとすれば、朝起きて歯を磨くことと、読みかけの本のページくらいです(笑)。入社して5ヶ月、正直あっという間でした。
そんななか、「考えること」はずっと大事にしていきたいと思います。なぜ、なにが、どうやってを芯にして。ディレクターの演出をどれだけ手伝うことができるか、今はそれに尽きますが、いつか一人前になれるように一生懸命進んでいます。